両論併記の新聞「八重山日報」沖縄本島版発行決定

沖縄の新聞としては珍しい両論併記の新聞として知られる「八重山日報」(八重山日報社)が沖縄本島での発行を決定した。

 

先行予約で購読者が5000名必要

ただし、先行予約で購読者が5000名必要な為、予約確保のためプロモーションを行う予定。

公平な新聞紙を求める県民にとって朗報となりそうだ。

 

 

告別式の広告は基本無料を予定している。

 

 

八重山日報沖縄本島版発行に対する県民の声は?

八重山日報が沖縄本島版を発行するにあたり、Facebookページ等では、県民より「購読希望」のコメントが相次いだ。