沖縄から見た都知事選

2016年7月19日都知事選について琉球新報が社説を出した。

 

社説では東京への人工一極集中、五輪に対する国費の負担を沖縄を含めた地方が一部を負うことなどが取り上げられた。

 

上記を踏まえた上で、候補者に対し、安倍政権下での国と地方の関係、地方創生の在り方を問い直し、東京一極集中の是正にどう取り組むのかを明確に語ってほしいと記載している。

 

世論調査ではかつて沖縄のメディアに対し「沖縄のメディアが言っていることが本当に県民をすべて代表しているとは、私ははっきりいって思わない」と批判をした小池氏がトップを走る状況で、都知事選の結果は沖縄県にどのような影響を与えるのか。