キャンプ・シュワブゲートの違法駐車問題

数年前から沖縄県民の間でキャンプ・シュワブゲート前の違法駐車が問題になっている。

 

基地に反対する一部市民の活動によりキャンプ・シュワブゲート前は違法駐車により選挙され、一部の沖縄県民、政府により問題視され、今年の3月には政府より翁長知事へ違法駐車排除への協力を要請をしている。

 

しかし翁長知事は要請を受け入れしたものの強制排除には否定的な考えを示した。

 

産経新聞によると、地元住民は反対派の中には二人しかおらず、基地を受け入れる地元住民と、沖縄県民、反対派の意見の相違も今後の沖縄県の基地問題のカギになりそうだ。