沖縄県・尖閣諸島、強まる軍事的圧力

オランダ・ハーグの仲裁裁判所で南シナ海のほぼ全域で中国が主張する主権や権益について「法的根拠はない」との判断に対し、中国の習主席は「裁定に基づくいかなる主張や行動も受け入れない」と反発した。

 

王毅外相も「手続きは終始、法律の衣をかぶった政治的な茶番だった」と強弁し、より沖縄県・尖閣諸島の中国による脅威は強まる見通し。